風の向こう側で紫水晶の見る夢

特に何事もなく過ごしている毎日…。
どうということのないことをゆったりと、
その日の気分に任せて書いていきたいと思います。

2018:November

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

2007.06.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.11.04 Saturday

穏やか〜( ̄▽ ̄)〜*

さすが3連休の中日というか何というかで、今日は電話もスケジュール確認くらいに留まり、緩やか〜な時間の流れ方壁掛時計でした。
でも、そんなに暇だったわけでもなく、そこそこ充実した時間でした。

毎日こんなだったらいいなぁ…と思う反面、こんなんじゃお仕事が入ってこないからダメバッドだねたらーっ

…にしたって、帰ろうと思ったらまたまたAさんから電話

「…おぐぅちゃん?Aさんだよ〜るんるん

…ですから、そのとってもと〜〜〜〜〜ぉっても!!素敵な低音ヴォイスで、そんなに可愛くラブ喋らないでくださいたらーっ
でも、おかげさまで100%勇気ですよおてんき

ありがとうございますわーい

そしてそして、Kさん。
籍は既に抜かれたとはいえ、大事なOBさんですからご挨拶をしたら、開口一番

「色、白いねぇ〜イケテル

…えぇ。
たしかに白いですよ。
夏場がんばりましたし、元々ですし。

けどこういう時、何て返事すればいいのか悩むんですがたらーっ

「そうですね嬉しい
って言うのも変だし、
「がんばってますからグッド
って言うのも変でしょう?

なので、とりあえず「あははははイヒヒ
と笑って流すことにたらーっ

まぁ、そんな感じでいいのかな、と。

2007.06.21 Thursday

スポンサーサイト

Comment

Form





Trackback URL

http://lilackazayume.jugem.jp/trackback/38