風の向こう側で紫水晶の見る夢

特に何事もなく過ごしている毎日…。
どうということのないことをゆったりと、
その日の気分に任せて書いていきたいと思います。

2017:September

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

2007.06.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.11.25 Saturday

なんか不思議な出会いの日

大塚さんの舞台もイトケンの舞台も観に行きたかったんだけどなぁ。

なのに、やっぱり付き合いというかで、元・バイト仲間の子が所属している劇団の公演を観に行ってきました。

友人さえ所属していなかったら、誘われようと絶対に観に行かないであろう表現方法を取っている劇団。
まぁ、表現方法は自由だし,それに関してとかく言う気はないけど、とにかくああいう表現は好きじゃない[:がく〜:]

でも、友人に会えたのは嬉しかった。
だからそれでいい。

一緒に観に行ったのも、元・バイト仲間。
その子はまだそこで働いている。

私は彼女のことが大好きなのであるラブラブ

彼女は愚痴も聞いてくれるし、かげぐちもとりあえずは聞いてくれる。
かげぐちって、絶対どこかで自分も同じように言われているであろうことがわかっているから、叩く際には自分でもちょっと「こんなことを言う自分…嫌だな」と思ったりもするけど、でも叩かずにはいられないってこともある。
彼女にはそういうことも全部言ってあるから、毒素を出しても一旦は受け止めてくれる。
そして、一緒に浄化してくれる。
だから、大好きなわけであるハート大小

その子と一緒に休日を過ごせただけでも、とりあえずはOK

だから今の状況を彼女にだけは伝えた。
喜んでもらえて嬉しかったポッ

ポカミスはいっぱいやってるし、いっぱい迷惑もかけているから、うぎゃ〜!!泣き顔ってなることも多いけど、それでも楽しくやってる。
それを一緒になって喜んでもらえて嬉しかった。

けど驚いたのは、お茶しながら冗談のように
「まぁ、何はともあれ、当初のマル秘(元バイト先)で受けた扱い、何をしても裏目に出るというかそう取られる、あの状況を思えば、多少のことはどうってことないよあっかんべー
と笑っていたら、帰りの電車にその御仁が乗っていたこと汗

…今までの約2,3年間、一度も遭遇することなんてなかったのに、何故よりにもよって2人でいるときに遭遇したのだろう…ひやひや

まぁ、そんなサプライズもありつつ、なかなか楽しい1日だったとさるんるん

2007.06.21 Thursday

スポンサーサイト

Comment

Form





Trackback URL

http://lilackazayume.jugem.jp/trackback/51